スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2005.11.28(月)

秋は夕暮れ。

枕草子で清少納言が残した言葉だ。
いい言葉だ。
あまりにいい言葉なので、
思い付きでググって見たよ。
まぁ今は、
もうサイト見た後だから、
やれ枕草子だの、
やれ清少納言だの言えるけど。
やっぱ最初は、
『春は曙』
じゃん?
まぁ出だしだしね~
こいつが一番オレの中で確実なワ-ド。
こいつを入力したらソッコ-出てくるだろ。
兎にも角にも、
検索ですわ。

そしたらさ、
調べても調べても…

そこしか載せてね-のが多すぎっ!!

なに?
意気揚々と開こうとしたら、
アドビ-の何かのファイルで開こうとするし。
おいっ!
これ以上ウィンドウを増やすなよっ!
固まっちゃうじゃないの~
ウチの98はお頭が遅いんだから~
なに?
『春は曙私は綺麗』
って!!
上手いコトいってるんじゃないよ~
全然違うじゃんっ!
こっちは原文がほしいのさっ!
てゆ-か、
詩?
的なサイトっ。
タイトルに使いすぎっ!!
お-い、
みぃ-んな被ってるぞぉ-(NHK教育のお兄さん風)

頭に来た!
いや実際は、
『私は綺麗』とかいっちゃって!
的な?
やるじゃんか-的な?
一本取られたけどさ。
上手いよ~
いいセンスしてると思ったけど、
ここでは、
頭に来たと繋いだ方が、
文的にまとめ易い。
だから、
頭に来た風に、
第2ワ-ド『秋は』
って入力。
ちょっと強めにEnter押したりして。
強気にね。
『秋は』で平気でしょ?
判るでしょ?って。
ホントは『秋は夕暮れ』って言葉に
自信無かっただけなんだけど。
そもそも、
実はタイトルに『秋は』を使いたくって、
自信無かったから確認したくって、
もともとはその一心で検索カマしてるだけだったりしてね。
へ、へへ。
まぁ、
ともかくエンタ-だっ!
Macだったら何ボタンか忘れたけどウチはWinだから、
エンタ-っ!!

そしたらっ

出てきた出てきた~
っておい!

冬が入ってねぇよっ!

何で?
何で冬がないのさ??
そこまで書いたら書きなさいよ~
こっちはこっちで、
先が気になるパタ-ンじゃねぇか。
いや、
知ってるよ?
でも一応、
確認したいじゃん?
てかもう、
全文が欲しい。
そうか、
これが欲求ってヤツだな!
も-いいよっ!
オレも本気だ!!
なめるなgoogleめ!!
第3ワ-ド
『冬は』
入力。
実際は、
『冬は…??
何なんだよっ!はっきりしろよっ!!』
って打ちたかったけど、
先にも述べた通り、
ウチの98は最先端じゃないから理解力が乏しいのだ。
こんなにオレから陰口叩かれても、
てゆ-か本人に直で叩いてるんだけど、
気付かないんだよ~
それくらい理解力が無いお茶目さんのだ。
だから短くしてやった。
気配りってヤツだ。

で、

ゲットですわ!

う-ん。
…え?
な、何?

あ-あ。
速攻出てきちゃったし。

あ-あ。
入手と同時のこの虚脱感。

あ-あ。
なんだよ。
やっぱ『ツトメテ』であってんじゃん~
みたいな。

あ-あ。
ここまで来たらちょっとは焦らせよ。
『冬はツトメテ私は美人』
くらい言えよ~

あ-、
やる気なくした。
全くなってないよ~
コレだから機械ってヤツはさ。
まぁ、
あれだ。
せっかく入手したんだし、
記念にupしとこ~
あ-あ。


てゆ-か、
そうそう、
そもそも何書きたかったかってゆうと、
もともとホントは、
こんなグ-グルのヨタ話じゃなくって、
今日は早起きをして、
自転車でロ-ソンにジャンプ読みに行ってきたんだけど、
なんか清清しいよね-。
秋って良いよね-。
てゆ-か早起きがよかったのかなぁ?
ともかくいいよね-。
って書きたかっただけです。
やっぱあれじゃん。
心地良いって大事じゃん?
爽やかじゃん?
も-、
グ-グルの検索で台無し。
あ-あ。
で、
今日のヒット賞は、
『春は曙、私は綺麗』
に決定!!
ってコトで。
文章が何のこっちゃ判らんかったけど、
今日のところはこんな感じで。
ちゃんちゃん。

以下参考文章
春は曙、
やう\/しろくなりゆく山ぎは、
すこしあかりて、
紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

夏はよる。
月の頃はさらなり、
闇もなほ、
螢飛びちがひたる。
雨などのふるさへをかし。

秋は夕ぐれ。
夕日はなやかにさして、
山のはいと近くなりたるに、
烏のねどころへゆくとて、
三つ四つ二つなど、
飛びゆくさへあはれなり。
まいて、
雁などのつらねたるが、
いとちひさく見ゆる、
いとをかし。
日入りはてて、
風のおと蟲のねなど、
いとあはれなり。

冬はつとめて。
雪のふりたるは、
いふべきにもあらず、
霜などのいとしろく、
又、
さらでもいと寒きに、
火などいそぎおこして、
炭もてわたるも、
いとつき\/し。
晝になりて、
ぬるくゆるびもてゆけば、
炭櫃、
火桶の火も、
白き灰がちになりぬるはわろし。
スポンサーサイト
│posted at 11:37:00│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。